医療法人一栄会 宮本歯科が運営する名古屋歯並び・咬み合わせ相談室では矯正治療や歯並びに関するあらゆる疑問の相談をお受けします。

名古屋歯並び・咬み合わせ相談室

歯並びに関するあらゆる疑問の相談をお受けします。  

T期治療について

T期治療について

 

歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。

アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えたりするのです。

小学校1年生から4年生くらいまでは「アゴの拡大」をすることにより歯の生える隙間をつくることができます。

小学校高学年になると「アゴの拡大」の効果が少なくなりますので、永久歯を抜歯することによって歯の生える隙間をつくることになります。

拡大する装置は、主に取り外しのできる床矯正装置を使います。固定式の矯正装置を使うこともあります。

 

[T期治療の方法]

 

@   開始年齢は6才くらいが最適です。10才を過ぎるとアゴの拡大が難しくなるので、普通の矯正治療の適用になるかもしれません。

A   「床矯正装置」と呼ばれる取り外し可能な装置を1日12時間以上お口の中に入れるだけです。

その装置にはスクリューが付いており、そのネジを巻くことによりアゴが拡大され、永久歯が生えるスペースが確保されるのです。

B   来院間隔は1か月に一度です。

C   治療期間は2〜3年です。2〜3年でアゴに対する治療は終わります。

その際、夜間だけ保定装置を入れていただくことになります。

そして、アゴの骨をいい状態にしておいて永久歯が生えそろうのを待ちます。

永久歯が生えそろった時点で必要があればU期治療に移行します。

 

●アゴは横と後ろに大きくなりますので、出っ歯にはなりません。

●アゴを拡大することにより外から見て顔が大きくなるようなことはありません。

 


医療法人一栄会 宮本歯科
453-0835 愛知県名古屋市中村区上石川町3-21
052-411-8054

Copyright (c) Miyamoto Dental Clinic All Rights Reserved.